MENU

帯状疱疹は体がだるい症状もあります

スポンサーリンク

帯状疱疹になると、ぶつけた覚えもないし筋肉痛になるような記憶もないのに、身体の片側に痛みをまず感じ始めます。
それから、痛みがだんだんと増長して行くに連れその部位に水疱が帯状に現れてきます。
そのため、発症して間もない頃には、帯状疱疹だとは気付かずに単なる筋肉痛か胸痛ではないかと思う方も少なくありません。
水疱が出てきた時点で、病院を受診すると直ちに診断がおります。
しかし、中には皮膚症状が出づらいタイプの方もいるため、診断がおりにくく他の科を複数受診している内に悪化してしまうというケースもあります。
絶え間ない痛みとピリピリした痛みが続き、水疱もしばらくは帯状疱疹の治療を始めて間もない頃は、広がってしまいます。
出来るだけ安静を心がけて無理をしない日常生活を送る必要があります。
重症の場合や持病がありリスクがある場合などには、入院して治療を行う場合もあります。

スポンサーリンク

その他に、体がだるいと言った感じを持つことも少なくありません。
倦怠感や微熱もあるので、初期の頃には風邪だと勘違いしてしまうことも良くあります。
本来、帯状疱疹は免疫力が落ちている時に、昔、水ぼうそうをした経験がある人の場合、ウイルスが潜伏していて何かのきっかけに増殖して行く病気なので、だるいと言う症状は程度の差こそあっても起こります。
そのため診断がおりてから、内服もしくは点滴で抗ウイルス薬での治療が始まったら、鈍痛もあるのでなかなか思うように動けないこともあります。
出来るだけ体に負担をかけない暮らしをして行きましょう。
帯状疱疹は、絶え間ない痛みや神経に沿って出来る疱疹だけではなく微熱や体のだるい感じもあるので、出来るだけ早いうちにきちんと治すためにも、負担をかけない暮らしをして行くのが賢明だと言えます。

スポンサーリンク