MENU

帯状疱疹は再発の予防を考えることが大切です

スポンサーリンク

帯状疱疹は普通はあまり再発することが少ないですが予防することも大切です。
帯状疱疹の再発を防ぐためには予防接種を受けることも方法のひとつです。
予防接種を受けることで免疫力を増やす事ができます。
そのことで再び発生することを防ぐことになります。
年齢が高くなればなるほど効果が高いともいわれています。
とにかく再発しないようにするためには一番有効的な方法です。
帯状疱疹は数年経過してから出てくるといわれています。
一度発症してしまうと再び発症する可能性は低いというのが一般的な考え方です。
しかし、一度発症した人は辛い症状を経験しているので発症したくないと考える人が多いといえます。
年齢が上がってくると発症の可能性もあがってきます。
予防接種が非常に効果的であることは間違いのない事実です。
二度と発症したくないと考えているということであればしっかりと対策をとることが大事になってきます。
自分で防御することも大切です。

スポンサーリンク

帯状疱疹は免疫力の低下によって発症してきます。
出てくるときには突然ということはなく、まずは軽いかゆみや痛みが出てくることもあります。
そういうところで気づくことが大事です。
その後、痛みがきつくなってきて赤い発疹がでてきます。
発疹はその後水ぶくれになって、完全に治るまでに1ヶ月ほどかかってしまうということになります。
他の病気と間違えやすいですが、帯状疱疹の特徴としては体の片側だけに出てくる場合が多いということです。
痛みの種類についてもひりひりする感じから何かに刺されたような痛みを伴う場合もあります。
そのために軽いやけどのように感じることもあります。
しかし、原因になるようなことが見当たらない場合には帯状疱疹を疑っていくことが大切です。
予防することも大切ですが、もしも発症してしまった場合には、できるだけ早く診察を受けることが大切になってきます。
痛いからといって冷やしてしまってはウイルスを活発にしてしまうことにもなるので注意が必要です。

スポンサーリンク