MENU

帯状疱疹の治療と予防 栄養バランスの良い食事と休養は大切に

スポンサーリンク

帯状疱疹とは、ヘルペス(急性炎症性皮膚疾患)の1種です。
その原因は、幼少期に感染して神経細胞内に潜伏していた「水ぼうそうの原因ウイルス」の再活性化にあるとされてます。
通常、ウイルスは体内に潜伏したまま大人しくしており、害悪を引き起こしません。
しかし、過度のストレスや疲労等によって免疫力が低下した場合、ウイルスは再活性化して増殖し、神経細胞を破壊し始めます。
この病気は、免疫力の低下した高齢者特有の病であると考えられていましたが、近年では、若い方がこの病気にかかる場合も少なくありません。
また、帯状疱疹自体は他人に感染しませんが、その原因ウイルスは他人に感染する危険があります。
水ぼうそうの罹患歴がない方にウイルスが感染すると、水ぼうそうとして発症しますので注意が必要です。
また、帯状疱疹は、重篤化すると深刻な後遺症が残る場合があります。
重篤化する前に治療を開始すれば、このような事態はほぼ避けることができます。
ですので、皮膚に赤い発疹ができて痛みやしびれを感じる場合は、早めに皮膚科のお医者さんに相談することが大切です。

スポンサーリンク

さて、帯状疱疹の治療について考えていきたいと思います。
先程述べましたように、帯状疱疹の原因は、免疫力低下によるウイルスの増殖ですから、とにかく免疫力を低下させないことが重要です。
治療では、ウイルスの増殖を抑える薬や痛みどめの薬の服用、塗り薬の利用が中心となりますが、それと並行して、免疫力を回復することも大切です。
具体的には、睡眠や休養を十分取る、栄養バランスのとれた食事をとる、ストレスをため込まない、といった点に注意しましょう。
 また、予防に関しても同様で、日頃から休養・栄養・ストレスフリーを心掛けて生活すると良いでしょう。
近年、若者にも帯状疱疹の患者が増えたことの一因として、過度のダイエットやジャンクフードの過剰摂取等による、食事の栄養バランスの悪化も関係あるのではないかと指摘されています。
 帯状疱疹は、日頃の生活習慣に気を遣うことである程度予防は可能です。
また、仮に病気にかかってとしても、早期治療を施せば投薬と静養で治すことができ、過度に怖がる必要のない病気といえるでしょう。

スポンサーリンク