MENU

帯状疱疹完治後に痛みが残る場合(帯状疱疹後神経痛)の治療法

スポンサーリンク

帯状疱疹は、神経細胞内のウイルスが暴走して神経を破壊することで引き起こされる病気です。
この病気は、ごく初期の症状としては皮膚にピリピリやチクチクした違和感が生じることから、虫さされと勘違いされる場合も多いです。
しばらくすると、患部に赤い湿疹や水ぶくれが発生し、その範囲が広がっていきます。
この段階になると、患部に熱を帯びることや激痛を伴うことが多く、中には、夜も眠れないほどの苦痛に悩まされる場合もあります。
帯状疱疹自体は、ウイルスの増殖を抑える薬によって完治します。
症状が軽い場合は、入院の必要もなく後遺症が残ることもありません。
しかし、病気が完治した後も、この病気特有の激痛や違和感といった症状が残る場合があります。
この症状は「帯状疱疹後神経痛」と呼ばれます。
その原因は、ウイルスにより破壊された神経細胞が、元の正常な状態に戻っていないためだと考えられます。
また、帯状疱疹後神経痛になるリスクは、治療の開始が遅い場合に高まると考えられています。

スポンサーリンク

帯状疱疹後神経痛の治療方法は、対症療法が中心となります。
患者さんの症状や痛みの程度に合わせて、様々な治療法が行われています。
まず、代表的な治療法をしては、抗うつ剤・鎮痛剤等の投薬療法、痛みの神経への伝達を抑える神経ブロック療法などがあります。
また、患部にレーザーを照射したり、電気刺激や温熱刺激を加えて痛みを緩和する、理学的療法も行われています。
さらに、漢方薬の服用や鍼灸による治療等、東洋医学を用いた療法もあります。
また、これらの対症療法と並行して日常生活を改善することで、治療の効果を高めることが期待できます。
例えば、お風呂や温泉でリラックスすることは、血行促進による痛みの緩和と神経細胞の回復を助ける効果が期待できます。
また、適度な運動を行って代謝を高めることも、同様の効果が期待できます。
最後に、痛みが残ることに対して悲観的にならず、むしろ、痛みと上手に付き合う方法を考えることも、日常生活の質を高めるという観点からは大切であるとされています。

スポンサーリンク