MENU

帯状疱疹後神経痛の期間について

スポンサーリンク

帯状疱疹とは、水疱瘡を起こす原因と同じ水痘・帯状疱疹ウイルスによって起こるウイルス感染症の一種です。
子供の時に罹った水痘と同じウイルスが、その後も神経節に残り潜伏しています。
そして、疲労や大きなストレス、病気、手術、抗がん剤治療、老齢などにより免疫力が低下した時に、潜伏していたウイルスが再度活性化します。
症状として、初期は赤い皮疹ができます。
やがて帯状の水ぶくれができ、疼痛やそう痒感を伴います。
この帯状の水ぶくれ状態から、帯状疱疹といわれています。
以前は、60歳代を中心に50〜70歳代に多くみられていましたが、過労やストレスが引き金で、最近は若い人に発症するケースが増えてきました。
若年でも軽症であるとは限らず、抵抗力がない場合は重症化することもあります。
季節の変わり目に発症することが多いのですが、一度罹ると免疫力がついて再発することはほとんどないといわれています。
帯状疱疹は体内に潜伏していたウイルスの再活性化が原因なので、他人に感染することはあまりありません。
しかし、水痘を罹患したことがない子供や妊婦には、水痘として感染する恐れがあります。

スポンサーリンク

帯状疱疹の症状は、体の左右どちらか片側だけの皮膚に痛みが起こることから始まります。
刺すような鋭い痛みがあり、次第に、わずかな刺激にも痛みを感じるようになります。
やがて、水ぶくれがかさぶたになって治まる皮膚症状とともに、痛みも消えていきます。
しかし、皮膚症状が回復してもピリピリとした痛みが長期間残ることがあります。
この状態を帯状疱疹後神経痛といいます。
この神経痛は、神経に強い損傷が生じたことで起こります。
眠れないほどの痛みや、日常生活に支障をきたすほどの強い痛みが長期間残る場合があり、高齢者ほどそのリスクが高くなっています。
顔面神経に神経痛が発症すると、視力に影響がでる場合もあります。
痛みが残った場合は、ペインクリニックで神経ブロックなどの専門的な治療を受けます。
また神経痛は外傷ではなく神経の病気ですので、患部を冷やさず温めるようにします。
長期間にわたって痛みを残さないためにも、大もとの帯状疱疹の早期治療が重要なポイントになります。

スポンサーリンク