MENU

10代が帯状疱疹にかかる原因はストレスによる免疫力の低下

スポンサーリンク

帯状疱疹は、水疱瘡を作るウィルスが免疫が無くなった時に再び活性化した状態を指します。
最初は虫に刺されたような痕が出来て、進行するに連れてブツブツが増えて行きます。
1つの部分に集中して出来る事が多いので、皮膚が爛れたように赤くもなります。
そして痛みや痒みのような症状が現れ、短くて約1週間長くて数ヶ月ほど続くのです。
ちなみに水疱瘡にかかった経験の有るほとんどの人が、帯状疱疹になるとも言われています。
それくらい、人々にとって身近な病気なのです。
この病気にかかりやすい年齢は、10代から20代の若年者と50代以降の中高年者です。
中間の30代と40代の人は、あまり帯状疱疹にはならないようです。
10代の若者や50代以降の中高年がかかりやすくなる原因は、幼い子どもとの接触が少なくなるからだという説が有ります。
大抵は子どもの頃(小学校低学年まで)に水疱瘡になるので、子育てをしている確率の高い30代や40代の人は水疱瘡ウィルスの免疫に耐性がついているそうです。
しかし子育てを終えた中高年や、逆に経験の無い若者は耐性が無く弱いと考えられます。

スポンサーリンク

10代の若者が帯状疱疹にかかる原因すなわち免疫力を低下させてしまう原因は、生活態度に有るでしょう。
免疫力はストレスによって下がるので、ストレスを感じる生活をしていると帯状疱疹にかかる危険が出てきます。
例えば夜遅くまで起きていて寝不足が続いている、という事が当てはまります。
若い子は体力が有り余っているので、つい遅くまでテレビを見たりメールをしたりしてしまい気づかない内にストレスを溜めてしまいます。
また10代の人は学校に通っていますから、クラスメートや部活仲間との関係性に悩んだ場合も帯状疱疹にかかる確認が上がります。
それから学生の本文で有る勉強の事で、深く考え込んでしまうのも発症しやすくなる原因だそうです。
10代の中で特に患者が多い年齢というのは、今のところ明確では有りません。
ストレスを感じる理由は、人それぞれだからです。
ですから「子どもが帯状疱疹になるはずがない」という考えを持たずに、おかしいと思ったら病院に行くことが大切です。

スポンサーリンク