MENU

帯状疱疹の治療はお早目に 遅れると取り返しのつかない事態も

スポンサーリンク

帯状疱疹とは、水ぼうそうを起こすウイルス(水痘・帯状ウイルス)によって引き起こされる病気です。
子供のころに水ぼうそうに感染すると、病気の治癒後もその原因ウイルスは神経細胞の中に残り、成人後も潜伏し続けます。
通常の健康な成人の場合、ウイルスは活動することなく大人しくしています。
しかし、過度の疲労やストレス、重病の罹患等によって免疫力が低下した場合、潜伏していたウイルスは再び活動を再開します。
そして、神経細胞を破壊して、皮膚の赤い発疹や激痛等の症状を引き起こすのです。
この病気は、主に免疫力の低下した高齢者に多くみられるとされていましたが、近年では、20代や30代の若者の発症も少なくありません。
治療は、早期に治療を開始すれば、通院と抗ウイルス薬の投与のみで足ります。
ですが、治療の開始が遅れた場合や症状が重い場合には、入院治療が必要となる場合もあります。
また、原因の一つが免疫力の低下にあるので、免疫力の回復を図るために静養をすることも必要となります。

スポンサーリンク

ところで、この病気は、治療の開始が遅れると回復までに時間がかかるのみならず、重篤な後遺症が残る場合があります。
すなわち、帯状疱疹が治癒したあとも、患部であった皮膚部分やその奥にあたる部分にしびれや違和感が残ったり、激痛が残ったりする場合があります。
これを帯状疱疹後神経痛と呼びます。
神経痛の程度は人により様々ですが、重度の神経痛になると、あまりの痛さに夜眠ることができない等、日常生活に支障が発生する場合もあります。
さらに、帯状疱疹が目や耳の周囲部分に発生した場合、治療の開始が開始が遅れると、視力低下や聴力低下といった後遺症が残る場合もあります。
これは、帯状疱疹の原因ウイルスが視覚や聴覚をつかさどる神経を破壊することが原因です。
このような重篤な後遺症の発生を防ぐには、とにかく早期に帯状疱疹の治療を開始することが重要です。
痛みを伴う赤い発疹が発生して数日経っても治らない場合、念のため、皮膚科で診察をしてもらった方が良いでしょう。

スポンサーリンク