MENU

帯状疱疹は1週間など放置せずに早めに病院に行くことが大切です

スポンサーリンク

帯状疱疹は早めの治療がとても大切です。
症状が出始めてから3日以内に病院に行くことによって症状がひどくなるのを抑えることができます。
病院などに行かずに1週間放置したままでいると、帯状疱疹の範囲がどんどん広がっていきますし耐えられない程の痛みなどを伴うことになります。
また早めに治療しないと帯状疱疹が治ったあともチクチクとした痛みが残ってしまうという場合も多いので早めに治療を受けることが大切です。
帯状疱疹は身体が弱っている状態の時やストレスが溜まっている時などに出やすい症状でもあります。
発症してしまったら安静に過ごすことがとても大事です。
また水疱瘡を経験したことがない人などには水疱瘡の症状としてうつってしまう可能性が高いのであまり出歩かないことが大事です。
忙しくてなかなか病院に行くことができないという人も1週間放置してしまうと後悔することになってしまう可能性がとても高いのでどうにか時間を作って病院に行くようにすることがとても大切です。

スポンサーリンク

人によって症状がでる場所というのは変わってきますが、どちらか半身にだけ出る場合が多いです。
頭や顔などに症状が出てしまった場合は放置してしまって症状がひどくなってしまうと目の辺りまで広がってしまい失明などにも繋がってしまう可能性がありますので注意が必要です。
病院へ治療に行った後は症状が治まるまで1週間程度は安静に過ごすことが大事です。
病院によっては入院を勧められる場合もあります。
眠れないほどの痛みを伴うこともありますし服が擦れただけで激痛が走るという場合もありますので、帯状疱疹の症状が出てしまったら軽く考えずにまずはできるだけ早く病院で診てもらうことが大切です。
また睡眠をよくとって栄養のある食事をしてと健康的な生活を心掛けることが大事です。
帯状疱疹の症状が落ち着くまでは会社を休んだりして家で安静にしている方が治りなども早くなりますので可能であれば、休みをもらってのんびりとした生活を過ごすようにすることをお勧めします。

スポンサーリンク