MENU

帯状疱疹と発熱と頭痛と吐き気について

スポンサーリンク

帯状疱疹を発症するということがあります。
この病気を発症するときには、どのような流れで体に症状が現れるのかが気になります。
帯状疱疹の発病の流れは次のようになっています。
まず体の中に水痘帯状疱疹ヘルペスウイルスが進入してくるということになります。
すなわちこのウイルスに感染をしたということになります。
その結果体に水疱瘡として現れるようになっています。
体に小さな水ぶくれが発生するようになっています。
そして水疱瘡が1週間程度で治ります。
しかしこのときに体の中にまだウイルスが残っているという状態となります。
さまざまな神経部分に残った状態となります。
そのなかで隠れていたウイルスが神経を伝わって、皮膚の表面に水ぶくれを作るようになっています。
これで帯状疱疹が発症するということになります。
なぜ今まで静かにしていたウイルスが活性化するのかというと、それは体が弱っているということがポイントとなります。
過労や老化、このほかには感染症や悪性腫瘍が原因となっています。

スポンサーリンク

体にどのような症状が現れるようになっているのかというと、上半身を中心に、体の半分に水ぶくれが現れるようになっています。
最初はピリピリとした痛みを感じるようになります。
これはウイルスによる炎症性の痛みということになります。
痛みが出た後に1週間程度経過すると、痛みが発生していたところに小さな水ぶくれが発生するようになっています。
黄色い膿を持った状態になることもあります。
これが破れるとかさぶたとなります。
そして皮膚の症状は2週間から3週間で治るようになっています。
帯状疱疹では合併症に注意が必要となります。
このなかで髄膜炎という病気があります。
これは発熱や頭痛や吐き気という症状が現れるようになっています。
発熱や頭痛や吐き気がある場合には、帯状疱疹による髄膜炎の可能性が高くなります。
ウイルス性の髄膜炎ということになりますが、発熱や頭痛や吐き気に関しては、対処療法が行われるようになっています。
水分がしっかりと補給できないときには点滴が行われています。

スポンサーリンク