MENU

おしりが痛い帯状疱疹

スポンサーリンク

帯状疱疹は、肋骨の周囲の肋間神経や、顔の三叉神経などに、発症することで有名な疾患です。
ところが、帯状疱疹というのは、神経のあるところならば、どの部位でも発症する可能性があります。
その背景となるのが、子供の時期によく発症することがある、水疱瘡になります。
水疱瘡によって、身体に水泡が出来るのは、ヘルペスウイルスというウイルスが感染を起こすためです。
水疱瘡によって出来る水泡自体は、それほど長期の治療をすることなく、改善することが一般的です。
これに対してヘルペスウイルスは、体内を走行する神経に潜伏して、残っていることがあります。
潜伏しているヘルペスウイルスは、その後しばらくのあいだ、何ら症状を呈することがありません。
しかし、生活のリズムが崩れるなどして、免疫力が低下すると、ウイルスが活動を再開するのです。

スポンサーリンク

このときのヘルペスの症状は、神経に沿って痛いことと、水泡が出来ることが、特徴になります。
また、神経に潜伏していましたので、神経に沿って形成される水泡が、外見的にも確認できます。
とくに、肋間神経というのは、胴の周囲を取り巻くように走行しているので、帯状に発症するのです。
こうしたヘルペスが発症する部位の一つが、おしりの部分を走行している坐骨神経になります。
坐骨神経は、腰の椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などによって、神経痛を起こすことで有名です。
しかしこの場合には、腰が原因であるために、腰の治療を行うことが必要になります。
いっぽうヘルペスによる坐骨神経痛は、ウイルスの活動を低下させることが、治療に繋がるのです。
そのため、坐骨神経でおしりが痛い時には、ヘルペスについて、鑑別をすることが大切になります。

スポンサーリンク