MENU

帯状疱疹と目の中の充血について

スポンサーリンク

帯状疱疹と聞いて、人間の体に現れる症状と考えている人が多くなっています。
しかし決して体だけに発生するというものではありません。
帯状疱疹の症状が目に現れることもあるのです。
これが眼部帯状疱疹と呼ばれるようになっています。
症状が悪化した場合には、失明の危険性もあります。
したがって早めに病院を受診することが大切になります。
眼部帯状疱疹に関しては、早めに処置をするということだけではなく、普段から予防をするということも大切になります。
これはどのような病気となっているのかというと、左右のどちらかのまぶたの上の部分や下の部分に、痛みを感じる発疹や浮腫が見られるようになっています。
原因として考えられているのは、水痘などになります。
ウイルスに感染した初期の段階では、水疱瘡というような形で症状が現れるようになっています。
しかし水疱瘡の症状が治まった後でも、このウイルスが体の中から消えるということはありません。

スポンサーリンク

この体の中に残ったウイルスが、抵抗力が低下したり免疫力が低下したときに再び活性化してしまいます。
その結果帯状疱疹が発生するようになっています。
これが額や鼻に感染してしまうと、眼球も感染してしまう可能性があります。
具体的な症状としては、目の中が充血するというようなことがあります。
目の中が充血するということ以外では、目の痛みやまぶたの腫れなどの症状があります。
感染した角膜が腫れるようになっているので、症状が悪化し瘢痕化することもあります。
目の中が充血したり痛みが発生するということがありますが、症状によっては後遺症が残る可能性もあります。
眼圧が上昇して緑内障になったり、神経麻痺や目の奥の網膜や視神経に炎症を引き起こすというようなこともあります。
視力が提起してしまうこともあります。
初期の段階で治療を行うと、回復までの期間が短くなっています。
皮膚の症状が出て72時間以内に治療を行うことで、後遺症が出にくいと考えられています。

スポンサーリンク