MENU

大人の帯状疱疹が幼児にうつることはあるのか

スポンサーリンク

大人が帯状疱疹になってしまった場合、同居している幼児にうつるのではないかと心配になってしまうことがあります。
答えとしては帯状疱疹という形ではうつることはありません。
帯状疱疹は水痘帯状疱疹ウイルスというウイルスが感染したことが原因です。
しかし、ウイルスに感染したからと言ってすぐに帯状疱疹の症状が出るわけではありません。
感染すると最初は水ぼうそうになって一度は症状が治まります。
その後何年も経過した大人になって、疲労やストレス、他の病気の影響で免疫力が低下している場合にウイルスが再び活動を開始して発症してしまいます。
一度ウイルスに感染すると、現在の医学では完全に体内から殺菌することは出来ないため、免疫力でウイルスの活動を抑えることができている間は症状が出てこず、目根気力が低下した時にウイルスが活動を始めて発症するのです。
そのため、幼児にうつる場合にはウイルスが感染するということになり、その幼児が水ぼうそうに感染したことがなければ水ぼうそうという形での感染をすることになります。

スポンサーリンク

「うちの子供はワクチンをしているから安心」というわけではありません。
ワクチンを行っても抗体ができない人は少なからずいて、帯状疱疹の大人と接触しているうちに幼児に移る可能性は0%ではないのです。
そのため、発症した場合にはなるべく幼児との接触は避けるようにしましょう。
大人でも抗体を持っていなかったり、抗体を持っていたけれどなくなってしまったというケースもあります。
大人が水ぼうそうになると症状が重くなる可能性があるため、水ぼうそうに感染したことがない大人との接触も控える方が良いと言われています。
特に妊娠している女性で抗体を持っていない場合、水ぼうそうに感染してしまうと重症化して肺炎などを併発してしまう可能性があると言われています。
さらに母体を通してお腹の赤ちゃんにも影響が出てしまい、先天性水痘症候群を引き起こしてしまう可能性があります。
なるべく安静にしつつ、人との接触を控えめにしておく方が良いでしょう。

スポンサーリンク