MENU

帯状疱疹の前触れはどんなもの

スポンサーリンク

身体に帯状の発疹が出て痛みが強いと言われている帯状疱疹は、一生に一度出るか出ないかという人がほとんどです。
しかし近くで帯状疱疹になった人が居たら心配になってしまいますし、前触れがわかれば早めに対処が出来て症状が早めに治まることもあります。
なんだかおかしいな、と放置したままにしておくと、治癒までに長い時間がかかってしまったり、場合によっては入院しなければならないこともあります。
帯状疱疹自体は子供の頃に多くの人が感染したことがある水ぼうそうのウイルスが身体の中に潜んでいて、疲れなどで免疫力が低下した時に活動を活発化させたことが原因で発症してしまいます。
そのウイルスに一度目に感染した時は水ぼうそうで収まるのですが、薬で治療しても今の医学では完全に殺菌することは出来ません。
そのためウイルスが神経の中に潜んでいて何らかの現認で活動を開始してしまうのです。
そのため「二度目の水ぼうそう」と呼ぶ人もいます。

スポンサーリンク

帯状疱疹は前触れがあってから3日以内に抗ウイルス薬を服用すれば症状は軽く治まると言われています。
その前触れとは、肌にチクチク、びりびりとした刺激が走ることです。
軽く肌に触っただけで電気が走るような痛みがあります。
しかもその刺激は帯状疱疹の原因となるウイルスが潜んでいた神経に沿って肌の表面にあらわれようとしているため、身体の片側の一部分だけに起こるのも特徴です。
右の背中、左の太ももなど、それらの症状が出る部位が限定されているのです。
このような症状が起こった部位に発疹が出た場合には帯状疱疹の可能性がかなり高いので、すぐに近くの皮膚科に行って診療を受けるようにしましょう。
抗ウイルス薬や抗炎症薬の服用で症状は治まります。
特に顔に症状が出た場合、脳が近くにあるため重症化すると脳にまで影響を及ぼしてしまう可能性もあります。
前触れを知っておくことで自分だけではなく家族に異変が出た場合にもすぐに対処をすることができるようになります。

スポンサーリンク