MENU

帯状疱疹と頭の中について

スポンサーリンク

帯状疱疹という病気があります。
名前を聞いたことがあっても、その詳しい症状がわからないという人が少なくありません。
帯状疱疹は非常につらい思いをする病気の一つとなっています。
それはなぜなのかというと、合併症の危険性があるからです。
この病気はそれほど怖いというものではありません。
合併症の方が恐ろしいと考えられています。
症状が現れたり違和感を感じたときには、早めに病院を受診するようにします。
帯状疱疹とはどのような特徴があるのかというと、体の片方だけに症状が現れることが多くなっています。
水疱や水ぶくれや神経痛のような症状が現れることがあります。
人間の皮膚の下には知覚神経が走っています。
ここにウイルスが潜んでいますが、このウイルスが一定の部分だけを攻撃していうるようになっています。
したがって体の片方だけに症状が現れることが多いのです。
初期症状としてはどのようなものがあるのかというと、1週間前から神経痛に似たような痛みや軽い発熱が見られるようになります。

スポンサーリンク

そして1週間後には近く症状が現れるようになり、水疱や丘疹が見られます。
このときは皮膚にかゆみを感じるようになっています。
そして3週間から4週間で完治するようになっています。
このように一定の期間を経過すると完治するようになっていますが、合併症が非常に怖い病気です。
頭の中に影響を与えることもあります。
頭の中の場合には脳炎や髄膜炎ということになります。
帯状疱疹が耳の周辺や内耳部分に現れたときに発生するようになっています。
脳炎に関しては、髄膜炎の炎症を伴うことから髄膜脳炎と呼ばれることもあります。
ここでは頭の中の圧が上昇し、精神神経障害を引き起こすこともあります。
このほかには嗅覚障害が現れることもあります。
目の回りに帯状疱疹が発生することがありますが、この場合には視神経の合併症を引き起こす可能性があります。
眼圧が上昇し、視力低下や緑内障や失明という危険もあるので注意が必要です。
3週間から4週間で自然になりますが、後遺症というリスクもあります。

スポンサーリンク