MENU

帯状疱疹とリンパやしこりと腫れについて

スポンサーリンク

帯状疱疹は体にさまざまな症状が現れるようになっています。
症状が悪化すると、合併症の危険もあるので、十分に注意をしなければいけないようになっています。
帯状疱疹という病気があります。
この病気はあまり聞いたことがないという人も少なくありません。
しかし皮膚に水ぶくれができたり神経痛を伴うというような病気となっています。
放っておくとなかなか痛みが取れないということがあります。
したがって放っておかずに病院を受診し、早めに治療を受けることが必要になります。
帯状疱疹とは、水疱瘡ウイルスが関係しています。
小さいときに水疱瘡になったという人がいますが、このような人は誰でも発症する可能性があると考えておくようにします。
誰でも発症する可能性があると考えられていますが、具体的にはどのような症状が現れるようになっているのかというと、チクチクとするような皮膚の痛みがあります。
これが脇の下を中心に皮膚に症状が現れるようになっています。

スポンサーリンク

このほかに体に現れる症状として、リンパの腫れやしこりが現れるというようなことがあります。
この病気を発症すると、今までに感じたことがない身に覚えがない痛みが発生するようになっています。
このときの痛さの程度に関しては、個人差があります。
脇の下の痛みやしこりに関してはいくつかの原因が関係しています。
ここにはリンパ節が集中しています。
この部分が腫れるとしこりができる場合があります。
帯状疱疹は子どもの頃に水疱瘡になった人の発症が多くなっています。
この場合ウイルスに対する専用の免疫が体の中で作られるようになっています。
したがって再び水疱瘡になるということはありません。
しかしウイルスは神経節に潜伏し続けるということになります。
ここに疲労やストレスや加齢などが重なって、ウイルスが暴れ出すということになります。
初期症状では、脇の下や首などのリンパ節の腫れが見られることがあります。
帯状疱疹の症状のあらわれ方には特徴があります。

スポンサーリンク