MENU

帯状疱疹のかゆみはいつまで続くのか

スポンサーリンク

帯状疱疹はある日突然発症し、重症化する危険性のある病である為に注意が必要です。
この病は水痘ウイルスが原因によって発症しますが、この水痘ウイルスは水疱瘡を発症させるウイルスでもあります。
この水痘ウイルスは、水疱瘡が完治した後でも体内から消失せず神経節に潜んだ状態となります。
そして体調不良により抵抗力が低下すると再びウイルスが活性化し帯状疱疹を引き起こすのです。
水疱瘡を一度発症した方は誰しも帯状疱疹を発症する可能性があります。
この帯状疱疹の症状はある日突然皮膚の表面に痛みやかゆみが発症しその後水疱があらわれます。
水疱があらわれた際にはチクチクピリピリとした痛みを感じる事が殆どであり、早急に治療を開始しなければ重症化する危険性がありますのでこう言った症状が見られた場合には放置してはなりません。
病院での治療は、内服薬と塗り薬が処方される事が殆どです。
ウイルスの増殖を防ぐ効果のある抗ウイルス剤を使用する事で劇的に症状は改善されます。

スポンサーリンク

帯状疱疹は殆どの場合1週間から3週間程で完治します。
水疱が破け瘡蓋が出来る頃には強い痛みを感じる事はありません。
しかし水疱が破けた後瘡蓋が出来た後に強いかゆみを感じるという事があります。
このかゆみは症状が改善されているという事でもあり、患部が治りかけている為であると考えて良いでしょう。
瘡蓋が剥がれ落ちるにつれて徐々にかゆみがおさまるという事が殆どです。
しかし時にかゆみがいつまでも続くと言った症状に悩ませられる方がいます。
皮膚の表面に何の症状がないにも関わらずいつまでもしつこいかゆみが続くと言った場合には再度病院を受診する必要があります。
この病は治療が遅れたり症状が重症化する事で帯状疱疹後神経痛という合併症を引き起こす事が知られています。
この場合皮膚の症状が完治したにも関わらずかゆみや痛みがいつまでも続くという症状が見られます。
これは症状が重症化した場合に見らる合併症であり、神経細胞が破壊される為に発症するのです。

スポンサーリンク