MENU

帯状疱疹後のしびれや痛みを治すには…帯状疱疹後遺症の原因と治療

スポンサーリンク

帯状疱疹は、早期に適切な治療を施せば、通院と投薬のみで短期間に治る病気です。
ですが、病気が治癒した後も後遺症が残る場合があります。
これを帯状疱疹後神経痛と呼びます。
主な症状は、患部であった皮膚の部分や、その皮膚の奥深くにあたる部分のしびれや痛みです。
このような症状が治療後6カ月以上続く場合に、帯状疱疹後神経痛と診断されます。
この症状については個人差があり、数か月程度で完全に治癒する人もいる一方、長年にわたり症状が継続する人もいます。
また、痛みやしびれといった症状の程度も「時々何となく違和感を感じる場合がある」程度の軽度の患者さんがいる一方、「衣服が皮膚に擦れるだけでも激しい痛みが走り、あまりの痛さに夜も熟睡できない」といった重度の患者さんもいます。
一般に、帯状疱疹の早期発見・早期治療をすれば、後遺症の程度は軽く、全快するのも早いとされています。
また、若い方のほうがお年を召した方に比べて、回復するのが早いとされています。

スポンサーリンク

このような後遺症の原因は、帯状疱疹を引き起こしたウイルスが、神経細胞を破壊したからであると考えられています。
しびれや痛みといった症状は、破壊された神経細胞が修復されることで治癒するのですが、帯状疱疹の治療の開始が遅れると、その分多くの神経細胞が破壊されます。
その結果として、後遺症の回復に時間がかかることになります。
また、若い方ですと、一般に自然治癒力が高いため、後遺症の回復が早い傾向となるのです。
 以上を踏まえて、帯状疱疹後神経痛の治療方法を考えてみようと思います。
残念ですが、現在のところ、神経痛を劇的に治す画期的な方法はありません。
ですが、これは治療法がないことを意味するわけではありません。
後遺症の原因が神経細胞の破壊にあるわけですから、要は、お医者さんの処方薬を使った対症療法で症状を抑えつつ、細胞の回復力を高めて根本治療をすれば良いのです。
例えば、漢方薬を使う、温泉療養をする、心身の調子を整える等が自然治癒力を高める方法だと考えられています。

スポンサーリンク