MENU

発疹のでない帯状疱疹について

スポンサーリンク

帯状疱疹という病気があります。
この病気に関して詳しい知識を持っているという人が少なくなっています。
しかし病気に対する正しい知識を持っていることで、病気になったときにしっかりと対応をすることができます。
帯状疱疹という病気がありますが、これは水疱瘡のウイルスが関係しています。
したがって体のどちらかに水ぶくれが出るようになっています。
水疱瘡に関しては、1週間程度で湿疹が完治するようになっています。
しかし水疱瘡が完全に治った場合でも、このウイルスは体の中に残ったままの状態となってしまいます。
この残ったウイルスというのが非常に困ったものなのです。
そのまま体の中でおとなしくしていればいいのですが、たまに体の中で暴れてしまうことがあります。
体の抵抗力が低下したり免疫力が低下したときに症状が現れるようになっています。
帯状疱疹ではどのような症状が現れるようになっているのかというと、体の神経細胞がたくさん集まっているところに現れやすくなっています。

スポンサーリンク

人間の脇や肩や胸などに痛みが発生しやすくなっています。
とくに胸に痛みが出やすいというようになっています。
病院を受診するとレントゲン検査が行われるようになっています。
しかし骨に異常があるということではないので、原因を特定することが難しくなっています。
しかしここでは水疱を伴う湿疹というのが、病気を判断する一つのポイントとなっています。
しかし中には発疹がでないというような帯状疱疹もあります。
発疹がでないということになれば、症状を見落としてしまうこともあります。
発疹がでない場合には1カ所や2カ所というような程度で終わるようになっています。
この場合には原因不明の神経痛というように診察されることがあります。
したがってこの場合よほど経験豊富な医師でなければ、湿疹が出ない場合には診断は不可能ということになります。
したがって水疱瘡になったことがあるという場合には、このウイルスが体の仲で悪さをしないように、免疫力を付けるということが必要になります。

スポンサーリンク