MENU

帯状疱疹によるおでこがかゆいという症状

スポンサーリンク

帯状疱疹の初期症状として知られているのが、チクチクピリピリとした痛みです。
この痛みは電気が走った様な又は針で軽く刺した様な痛みだとも例えられますが、時に痒みをともなう場合もあります。
この病は水痘ウイルスが原因となる病ですが、この水痘ウイルスは水疱瘡を発症させるウイルスとして知られています。
一度水疱瘡を発症すると、完治した後も神経節の奥深くにウイルスが潜み続け抵抗力が下がった際に再びウイルスが活性化し帯状疱疹を発症させるのです。
この帯状疱疹は神経に沿う様に発症するという特徴を持ち体の様々な部位に発症します。
初期症状である痛みや痒みに引き続き皮膚の表面に水疱があらわれますが、左右対称にではなく体の片方にのみ発症するという特徴を持ちます。
ある日突然皮膚の表面が痛い、かゆいと言った症状があらわれた場合には帯状疱疹を発症している可能性も考えられます。
そしてこの病は重症化する危険性もある病でもあり、早期に治療を行う必要性が出てきます。

スポンサーリンク

帯状疱疹の発症で最も危険であると言われている部位は顔です。
おでこや目の周囲、頭にも発症する事のある帯状疱疹は目や脳にまで悪影響を与える危険性があるのです。
ある日突然おでこや目の周囲が痛む、かゆい、水疱があらわれたと言った場合には早急に病院を受診する必要があります。
この病の自然治癒は難しく、ウイルスが活性化している状態を放置し症状が重症化してしまえば神経節がみるみる破壊されます。
症状を放置したり、治療が遅れてしまった場合には帯状疱疹後神経痛と呼ばれる合併症を引き起こす事も知られており、この場合水疱が消失した後も長期間痛みが残り続ける状態となります。
この病は、治療が早ければ早い程治療期間も短くなりますが、症状が重度である場合には入院が必要になる事もあります。
ある日突然おでこや目の周囲が痛み出したり、かゆいと言った場合にはこう言った病が関係している可能性があると言った事も知っておかなければなりません。

スポンサーリンク