MENU

帯状疱疹とお酒の組成アルコール成分の関係

スポンサーリンク

 帯状疱疹を発症した場合、医師からお酒を飲むのを控えるように指示されます。
それは、お酒の組成アルコールと医薬品の成分が結合することによって、薬の効力が薄まったり、副作用などが起こるリスクが高くなるからです。
帯状疱疹に処方される薬は、「バルトレックス」や「ソビラックス」が多く、神経細胞中のウィルス増殖を抑制し、激痛を緩和しながら治りを早くするという効力があるのですが、その効力をアルコールが半減させてしまいます。
強いお酒は動脈を拡張させてしまうので、皮膚過敏症を悪化させてしまいます。
 帯状疱疹の表皮病態が現われてから5日目くらいまでに、バルトレックスやソビラックスなどの抗ウィルス薬による治療を始めれば、悪影響は起こりにくいとされているのですが、禁酒することが前提条件となっています。
いかなる病気でも、医薬品を服用しながらの飲酒はNGとなります。

スポンサーリンク

 前述しましたように、帯状疱疹を発症している時にアルコールを摂取すると、さらに症状を悪化させてしまうので、十分な注意が必要なのですが、お酒は帯状疱疹になる原因のひとつでもあります。
適度な飲酒は、リラックス効果や身体を休める効果もあるのですが、過度な飲酒は病気を引き起こ原因となります。
そもそもこの病気は、日常よくみられる病気のひとつであり、命にかかわるという病気ではありませんが、「痛み」を伴うのが特徴となります。
少しでも痛みを軽くして、早く治すためには禁酒が必要だというわけです。
 顔面や頭に発疹が出ると、目に感染して視力障害を起こしたり、顔面神経麻痺などの合併症を引き起こす場合もあります。
一般的には、内服薬による治療が行なわれるのですが、重症の場合には、入院して点滴治療が行われる場合もあります。
また、軽症の場合には、抗ウィルス薬の外用薬が使われる場合もあります。
 スポンサーリンク