MENU

帯状疱疹と喉の痛みと耳の痛みについて

スポンサーリンク

帯状疱疹は皮膚に痛みを感じるようになっています。
また皮膚に水ぶくれができるということもあります。
帯状疱疹では喉の痛みや耳の痛みを感じるということもあります。
頭痛も現れることがあります。
このように耳の痛みや喉の痛みが発生したときには、どのように対処をすればいいのかわからないという人が少なくありません。
発疹などが皮膚に現れたときには、帯状疱疹であると判断することができるようになっています。
しかし発疹が出ないこともあり、痛みだけが出ているということもあります。
このような場合には病院を受診する必要があります。
この病気が疑われるという場合には、発疹が出ていなくてもウイルスを攻撃するという薬が処方されるようになっています。
これでウイルスを攻撃することができるので、痛みなどの症状が治まってきます。
頭痛や喉の痛みや耳の痛みなどの症状が出ている場合でも、基本的な対処方法は同じとなっています。
痛み止めを使って症状を緩和させることもあります。

スポンサーリンク

帯状疱疹の原因となっているのは、体の中の潜んでいる水痘ウイルスということになります。
普段何もないときに波及に暴れ出すということはありません。
しかし体調を崩したり過度のストレスを感じるというようなときには、ウイルスが復活をして悪さをするということになります。
高齢者は体力が低下しているので発症しやすくなっています。
このほかに抗がん剤の治療を行っていたり、日光による刺激が原因となって発症することもあります。
一番症状が現れやすいのは、脇から乳首までの高さとなっています。
肋骨に沿った部分となります。
またこれが背中側に現れるということもあります。
このほかにたくさん症状が現れる部分としては、額となります。
ここに帯状疱疹が発生すると、まぶたが大きく腫れ上がってしまいます。
目を開けることができないという場合もあります。
耳に発症した場合には重症化すると難聴になる可能性もあります。
片側の喉に強い痛みを感じたときには、口内炎を発症することがあります。

スポンサーリンク