MENU

帯状疱疹の跡が消えないで残るのか

スポンサーリンク

帯状疱疹では、体に水ぶくれができるようになっています。
これは数日で治るようになっていますが、跡が消えないで残るということがあります。
跡が消えないで残るということは、非常に困ってしまいます。
女性はメイクなどをするときに気になってしまいます。
帯状疱疹という病気がありますが、これは水疱瘡ウイルスが体の中で再び活性化することで、引き起こされる感染症のことになります。
このウイルスが神経節に潜伏した状態のまま、疲れやストレスや加齢などが引き金となって、ウイルスが再び活性化して発症する病気となっています。
体にどのような症状が現れるようになっているのかというと、神経に沿って水ぶくれや赤みが現れるようになっています。
痛いという自覚症状の後に、感染や発症に気がつくということもあります。
したがって病院を受診し、治療をするということになります。
どのような治療が行われているのかというと、抗ウイルス薬を服用するということになります。

スポンサーリンク

服用の目安期間は約1週間となっています。
ここでは個人の症状や痛みにあわせて適切な治療が行われるようになっています。
帯状疱疹は風気感染ではなく非丸や接触による感染となっています。
したがって水疱瘡ウイルスに関して免疫がないという場合には注意が必要となります。
帯状疱疹を発症したときに跡が消えないで残るときにしている人が多くなっています。
とくに女性は気になるところですが、きれいに跡がなくなって消えるというのには個人差があります。
薄くなって目立たなくなるということはありますが、すべて完全に消えるということはありません。
水ぶくれが破れてかさぶたになろうとしているときには強いかゆみが発生するようになっています。
このときにはかかないように注意をすることが大切です。
これで跡が残りにくくなります。
かさぶたが取れた後に日焼けをしてしまうと、この部分に色素沈着が発生することがあります。
跡をできるだけ残したくないというような場合には、これらの点に注意をするようにします。

スポンサーリンク