MENU

帯状疱疹の症状と入院期間について

スポンサーリンク

帯状疱疹は皮膚疾患の一種で、水疱瘡と同様にウイルスに感染することで発症します。
皮膚上に赤い発疹が帯のように広い範囲で形成され、強いかゆみを感じるのが特徴です。
また、帯状疱疹は初期のうちは軽微な痛みを感じ、皮膚上の発疹も数が少ないことから虫刺されと誤解することがあります。
そのため、治療が遅れてしまい症状が進行する原因となります。
帯状疱疹は水疱瘡を発症した経験がある人が疲労やストレス、病気などの理由で体力が低下した際に疾患に見舞われるケースが多数を占めます。
患部にはかゆみを伴う発疹が多数形成され、場合によっては水ぶくれになることもあります。
水ぶくれが潰れると細菌が混在している不潔な液体が流出して患部が拡大するので注意が必要です。
症状が重篤化するとあかぎれを生じて傷口が化膿したり、神経痛を併発することもあるので、体の機能に障害が残る可能性があります。
そのため、体調を改善させるために入院が必要になります。

スポンサーリンク

帯状疱疹を治療するための入院期間は症状が治まるまで続くので症状の進行状態や個人の体質によって変わります。
また、帯状疱疹は感染力が強く、細菌が混在している体液に触れた部分に発疹が出来ることがあるので症状が消えるまで入院するのが一般的です。
そのため、入院期間中は面会に制限が設けられることが多いので事前の確認が不可欠になります。
患部に直接触れるだけではなく、体液が付着した衣服やタオルに触れても感染することがあるので衛生管理にも細心の注意を払うことがトラブル回避の心得です。
帯状疱疹は体力の低下が原因で発症することが多いので、毎日の生活の中で十分な休息を取って体調を良好に整えることが効果的な予防法になります。
特に他者と接触する機会が多い人は感染のリスクが高いので、少しでも体の具合が悪くならないように気を配ることが大切です。
また、帯状疱疹は季節や環境に関係無く発症する病気ですが、他人の肌に触れる機会が多い環境になるほど感染しやすくなるので気温が高い期間は特に注意するように心がけます。

スポンサーリンク