MENU

子供の帯状疱疹と学校

スポンサーリンク

帯状疱疹とは、水痘ウィルスが原因となり発症する病です。
この水痘ウィルスとは、水疱瘡を発症するウィルスとしても知られています。
一度水疱瘡を発症し完治した後にも水痘ウィルスは体内から消滅する事はなく神経節の奥深くに潜んでいる状態となります。
ストレスや疲労等からくる体調不良により免疫力が低下すると再びウィルスが活性化し帯状疱疹を発症させるのです。
この帯状疱疹の症状とは神経に沿う様に帯状に水疱が広がります。
初期症状では皮膚の表面にぴりぴりとした痛みや痒みを伴いその後体の半分のみに水疱があらわれ吐き気や頭痛、発熱をともなう場合もあります。
この帯状疱疹は放置しておくと重症化する危険性のある病である為に、発症した際には早急に病院を受診し治療を開始する必要があります。
そしてこの病は子供にも発症する病であり時に周囲に感染する可能性もあります。
この帯状疱疹は、水疱瘡を発症していない子供に対して水痘ウィルスが感染すると水疱瘡を発症させてしまう可能性が考えられるのです。

スポンサーリンク

帯状疱疹を発症すると学校を休まなければならないと言った決まりはありません。
しかし発症した部分や範囲により感染する危険性が異なる為に、医師や学校側の判断に従う必要性が出てきます。
しかし帯状疱疹を発症した場合には、強い痛みや痒みをともなう為に学校を暫く休み自宅で安静に過ごす事が殆どです。
どうしても学校に出席しなくてはならないと言った場合には、患部をガーゼで覆い周囲に感染させない対策を子供に指導する必要性が出てきます。
周囲に感染させない対策として患部を触った場合には、すぐに手洗いを行いウィルスを付着させる事を防ぐ、タオルや衣服の併用は避ける等と言った事が挙げられます。
そしてこの病に対する治療は早ければ早いほど良いとされており、自然治癒は難しいとされています。
特に顔に発症した場合は顔全体の様々な機能に悪影響を与え、顔面神経麻痺や失明の危険性がある為に注意が必要です。
この病の症状を知っておく事で重症化を防ぐ事が可能になります。

スポンサーリンク