MENU

帯状疱疹の治療に役立つ食べ物

スポンサーリンク

帯状疱疹は、適切な治療を行うのと合わせて免疫力をあげる食べ物を意識して食べるようにすると、症状の回復を目指せるようになります。
そもそも、帯状疱疹は免疫が落ちてしまったことで発症してしまうので、治す間にも免疫力をあげられるようにすれば、症状の改善を期待できるようになるわけです。
まず、生姜は抗菌作用や解毒作用、鎮痛作用もあるので効果的です。
帯状疱疹になったら温めることで鎮痛作用もあるので体温の下がるのを防いで血流を改善することが期待出来ます。
次に、お勧めなのがネギです。
疲労回復に役立つ食べ物であり、帯状疱疹の原因がストレスや過労から来ている場合も多いので出来るだけ摂るようにしましょう。
他にも血行促進や保湿効果もあります。
生姜やネギは薬味として気軽に使えるので、様々なメニューに加えやすいと言うメリットもあります。

スポンサーリンク

そして、大根も免疫力を高めてくれ、細胞の老化を防いでくれるのでお勧めです。
加熱をするよりも、より効果的にこの作用を活用したいのであれば大根おろしが最適です。
それから、梅干しはクエン酸が含まれているので、疲労回復に役立ちます。
梅干しをちょっと焼くだけでその効果を上げることが期待できます。
また、鶏肉もたんぱく質や抗酸化成分があり効果があります。
他の豚や牛肉よりも脂肪分が少ないので、ヘルシーだと言えます。
その他には、にんにく、にら、納豆、ブロッコリー、トマトも効果的だと言われています。
これらの食べ物はどれも普段から買い求めやすいものばかりですので、摂りいれやすいでしょう。
帯状疱疹にかかったら鈍痛が続いてとてもつらいものです。
少しでも、症状を和らげる作用があると言われる食べ物を選んで食べるように工夫をして治療に役立てましょう。

スポンサーリンク