MENU

帯状疱疹の初期症状は脇にでます

スポンサーリンク

皮膚の病気の中で厄介なのは「帯状疱疹」でありこれが起きる原因については、水痘帯状疱疹ウイルスが皮膚に感染する事によって発症する病気となっています。
成人の帯状疱疹の場合はストレスや生活習慣の乱れも関係していると専門家達は指摘し注意喚起を行ってきています。
これは幅広年齢層の方に起こる病気としても知られていて一度発症すると治るまで時間がかかるため、私生活に支障をきたす場合もあるため気をつけていかなければいけなくなります。
帯状疱疹の主な初期症状としては左右どちらかの脇の下周辺に痛み・赤い発疹・水ぶくれが起き風邪とにた症状が出たり、コリやだるさが発生したりする事もあります。
痛みについては何も動いてないのに突然痛みが起きたりするためかなり厄介であり、痛みが出ている部分を触ったりするとザワザワした感じがあります。
発疹については脇の下の他にも顔や手、足にもこの初期症状は起きたりするため注意する必要があります。
この初期症状は一度に2ヵ所以上の場所に現れたりしないという特徴を持っています。

スポンサーリンク

もし脇の下に帯状疱疹の初期症状が見られた場合はすぐに病院にいって診療を受ける事をおすすめします。
帯状疱疹の診療はどこの科を頼りにして行けば良いのかというと、皮膚科となっていて問診と視診ですむ場合が多く薬を処方されそれを使用しながら経過を診ていく形となっています。
たまに、皮膚にできている水疱を採取してそれを顕微鏡で検査する場合もあったりします。
薬を使用ながら治療していく事により脇の下の周辺にできていた水ぶくれがかさぶたに変わり治癒していく流れとなっていて完全に完治するまでは約3週間から1ヶ月の間となっています。
治りかけは脇の下に違和感を感じたりしますが症状がなくなるうちに消失とともに違和感もなくなっていきます。
病気も症状もなくなったが痛みだけが残り長期間続く場合があれば別の病気を併発している恐れもあるため再び病院を受診するようにお願いします。
元々、帯状疱疹は中高年の間で起こりやすい病気として有名でしたが、ここ最近では20代また30代の若者世代でも発症する傾向が多く見られています。

スポンサーリンク