MENU

帯状疱疹のかゆみを止める為に効果的な対処方法

スポンサーリンク

帯状疱疹は水痘ウイルスが原因で発症する病です。
この水痘ウイルスは水疱瘡を発症させる原因にもなりますが、一度水疱瘡を発症するとこの水痘ウイルスが神経節の奥深くに潜み続けている状態となります。
疲れやストレスの蓄積、怪我や病気により抵抗力が低下すると再びウイルスが活性化し帯状疱疹を発症させてしまうのです。
この帯状疱疹の初期症状では皮膚の表面に突然痛みやかゆみがあらわれます。
その後赤い発疹があらわれピリピリチクチクと痛み出しやがて小さな水疱があらわれます。
この水疱は神経に沿う様に帯状にあらわれ体の片方のみに見られると言った特徴があり一度に2箇所以上の場所に発症するという事はまずありません。
突然痛みやかゆみのある赤い発疹、水疱が体の片方のみにあらわれると言った症状がこの帯状疱疹の発症の大きな手がかりとなります。
そしてこの病が疑われた場合には早急に治療に取り掛かる必要があります。
この病を重症化させてしまえば目や脳に悪影響を及ぼす危険性もあるのです。

スポンサーリンク

帯状疱疹の初期症状では痛みやかゆみがあらわれます。
ピリピリチクチクとした痛みを感じるケースが殆どなのですが、稀に強いかゆみのみの場合もあり虫刺されやかぶれ等と勘違いしてしまうと言った場合もあります。
帯状疱疹である場合赤い発疹があらわれた後に水疱があらわれる為に水疱があらわれた場合には帯状疱疹が疑われます。
この病の治療中に悩ませられるかゆみや痛みは医師に処方された薬だけでは改善されないと言った場合があります。
炎症を改善させる塗り薬を使用する事で徐々に症状は改善されますが、症状を完全に止める事は難しいのです。
この病の症状に対する対処法として市販のかゆみ止めは使用してはなりません。
市販の薬剤には皮膚の炎症を改善させる為のステロイド剤が含まれている事も多く、このステロイド剤には免疫力を低下させてしまう場合があり更に水痘ウイルスを活性化させてしまう事が考えられます。
そして好きな音楽聞く、患部を清潔に保つ為にゆっくりと入浴を行う、患部をあたためると言った対処方法もあります。
これらの対処方法には辛い症状を改善させかゆみを止める効果があるのです。

スポンサーリンク