MENU

帯状疱疹になったら点滴での治療を行います

スポンサーリンク

帯状疱疹は、水ぼうそうを起こす原因となるウィルスと同じで、水痘、帯状疱疹により発症します。
大抵、子供のころに水ぼうそうにかかっていて、1週間程度で治ります。
しかし、治癒したと言っても体内のウィルスが消滅したわけではなく、身体の神経節に隠れて潜伏しています。
そのため、免疫力が落ちた時にウィルスが復活して発症します。
免疫が低下するのは、手術、入院、ストレス、高齢化、免疫を抑制する治療をしていることなどが原因です。
復活をしたウィルスは、神経節から活動を再開して、皮膚には帯状となって疱疹になります。
神経に沿って現れることで、体内の痛みが先に出てから数日後に疱疹が出てきます。
中には、疱疹が現れない場合もあるので、病気の診断がなかなかつかなくて様々な診療科目で受診することもあります。
このように、診断がつかないケースもあり治療が遅くなる場合もあります。

スポンサーリンク

帯状疱疹と診断されたら抗ヘルペスウィルス薬の内服、もしくは、重症の場合には点滴で治療を行います。
この薬によって、ウィルスの増殖を抑えます。
効果が出て来るまでに2〜3日かかるため、体内の痛みや皮膚の疱疹がひどくなる場合もあります。
病院によっては、点滴を行う場合には入院をして行う場合もあります。
神経に沿ったチクチクとした痛みや絶え間ない鈍痛があることも多く、抗ヘルペスウィルス薬と同時に、神経の修復をするビタミン剤、鎮痛薬を処方するのが一般的です。
帯状疱疹の点滴、内服の治療も途中で自己判断で中止してしまうと、その間に進行をして更に悪化をすると後々帯状疱疹後神経痛になってしまうこともあります。
出来るだけ早い段階から正しい治療を受けることで、回復出来るようになります。
抗ヘルペスウィルス薬の使用は、発症から1週間ですので途中で止めないようにしましょう。

スポンサーリンク