MENU

帯状疱疹のウイルス感染経路

スポンサーリンク

帯状疱疹は、水疱瘡に罹ったことのある人であれば、誰でも罹りうるものです。
これは、帯状疱疹は、水疱瘡の原因ウイルスと同じウイルスにより、引き起こされるものだからです。
水疱瘡のウイルスは、治った後も体内に潜伏しており、免疫力が低下したときに再度現れます。
免疫力が低下するのは、ストレス、過労のほか、高齢化などが原因となりえます。
症状は、ピリピリするような違和感を感じるのが初期段階となります。
痛みを感じ始めた後は、痛みを感じた部分の皮膚に、赤い発疹が現われます。
その後に発疹が水疱となり、それがかさぶたとなって治癒します。
その期間は、大抵の場合が、1ヶ月程度です。
症状が出る部位は、神経のある場所で、胸から背中にかけてや、腹部などによく現われます。
場合によっては、顔や手足に出ることもあり、体の左右のいずれかに出て、一度に複数箇所に現われることはまれです。

スポンサーリンク

帯状疱疹は、水疱瘡と同じウイルスであるがゆえ、一度、水疱瘡に罹った方にはうつりませんが、まだ水疱瘡に罹っていない子供や大人などにはうつることがあります。
母体を介しての胎児感染もありえますので、水疱瘡に罹ったことの無い子供や大人、妊婦の方などとの接触は、極力避けるとよいです。
感染経路は、唾や咳などのほか、空気が感染経路となります。
発症の疑いがある場合には、皮膚科での受診が必要となります。
症状がわかりやすいものであるため、問診と視診で、発症を判断することが可能です。
症状を軽いものにするためにも、早期の治療開始が重要であり、疑いがある場合には、放置せずに早めに診察を受けるとよいです。
治療は、薬の処方のみとなることが一般的です。
抗ウイルス薬の商法と、痛みをやわらげるために、消炎鎮痛薬が処方されます。

スポンサーリンク