MENU

帯状疱疹は空気感染でうつるのか等について

スポンサーリンク

 帯状疱疹とはウイルス感染症の一種で、水疱・帯状疱疹ウイルスに感染する事で発症します。
水痘とは一般的には水ぼうそうと呼ばれていて、子供の頃に発症した経験のある人が少なくないです。
この子供の時に水ぼうそうを起こしたウイルスは、症状が治っても体内の神経の一部に残り続けます。
ただウイルスが体内に残っていたとしても、健康で元気な状態であれば免疫力の働きでウイルスを抑えておく事が出来ます。
しかし疲労の蓄積や何等かの病気の発症等で免疫力が低下すると、ウイルスを抑えておく事が難しくなる場合があります。
こういったタイミングでウイルスが再び活性化すると、この疾患を発症してしまう事になるのです。
 具体的な症状としては体の一部に水疱が出来るというのが代表的で、その水疱は帯のように見える事もあります。
痛み方に関しては個人差があり、激しい痛みを感じる人もいれば、全くと言っていいほど痛みを感じない人もいます。
ただ一般的には高齢者になればなるほど痛みが強くなる傾向があり、水疱が治ってからも痛みだけが長く残る事があります。

スポンサーリンク

 治療方法としては専用の抗ウイルス薬を処方するのが一般的で、出来るだけ早い治療開始が望ましいとされています。
なぜならば水疱が悪化すると中に膿が溜まる膿疱に変化してしまう事があり、こうなると抗ウイルス薬が効かなくなるからです。
 また痛みが激しく通常の抗ウイルス薬の服用では間に合わない場合には、入院して点滴で抗ウイルス薬を体内に投与する場合もあります。
 前述したように帯状疱疹はウイルスによる感染症なので、中には周囲の人へうつる事を心配する人もいます。
水ぼうそうの場合には空気感染や接触感染でうつる事がありますが、帯状疱疹の場合は空気感染等の心配は基本的にはないです。
 ただし、水ぼうそうにかかった事がない人に限ってはうつってしまう可能性が高くなります。
これは体内に抗体を持っていないからで、対抗出来る方法が体内に備わっていないからです。

スポンサーリンク