MENU

帯状疱疹が再発する時の場所

スポンサーリンク

帯状疱疹は、基本的には生涯に一回かかると言われていますが、免疫が落ちている場合には2回目、3回目と発症してしまう可能性も全く否定はできません。
実際に、再発率は100人に一人と言われているので再発する可能性もあると考えておいた方が、対策も出来ます。
再び発症した時の場所は、以前かかった時と同じだというケースが多いのが特徴です。
たとえば、左上半身で以前かかったことがあれば、また、同じように左半身に水疱が出来てしまうわけです。
もちろん、体の違う部位に出来ることもあるのですが、同じ部位に出来る可能性の方が高くなっています。
神経が弱っている場所を狙って再度発症しやすくなるわけです。
近年では、再発率も昔に比べるとやや上昇傾向になっています。
そのためにも、原因となりそうなものを出来るだけ除去するようにすることで対策になることを知っておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

原因となるのは、様々ですが免疫力の低下が大きく占めています。
免疫抑制剤を使用している人や膠原病の人などは特に注意が必要です。
病気の他にもストレスや加齢、季節の変わり目、過労などが原因の一つとなり複合的になって発症することもあります。
ですから、普段から疲れをためないことや食生活のバランスを整えること、睡眠のリズムを守って寝不足にならないようにすることなどがとても大事な対策になります。
一度、帯状疱疹にかかったからといって安心していて良いと言う病気ではないことを理解しておく必要は、現代はストレス社会と言われているので誰もが注意をしておいた方が賢明だと言えるでしょう。
かかった経験のある方は、同じ部位に何か違和感や痛み、皮膚の変化などいつもと違う症状や体感がある時には、再発の可能性も疑ってみることも早期の治療に結びつきます。
同じ場所に出来てしまうことを頭に置いておく方が対策になると言えます。

スポンサーリンク