MENU

顔にできた帯状疱疹の跡を残さない

スポンサーリンク

帯状疱疹は、水疱瘡ウィルスによってできます。
チクチクとした痛みからはじまり、ブツブツと赤い発疹ができ水膨れになります。
とくに顔にできた時に気を付けてもらいたいのは、目の回りにできた時です。
視力障害を引き起こす事があります。
目の回りにできた時は、皮膚科だけでなく眼科での治療もして下さい。
稀に角膜を損傷してしまい、治っても混濁が残ってしまい、角膜移植手術をすることになってしまいます。
できた帯状疱疹が出来て悪化すると、顔面神経や聴覚神経などの平衡感覚を司っている前庭神経に傷害が起こる場合があります。
「ラムハイゼント症候群」と呼ばれる傷害が起こる事があります。
顔面筋肉の運動麻痺や、耳鳴り、難聴、めまい、眼痛、頭痛、味覚障害などがおきたりします。
そうならない為にも、早期の治療をすることをお薦めします。

スポンサーリンク

顔にできた帯状疱疹は、はっきり言って目立ちます。
痛みだけで終われば良いのですが、ブツブツの後に赤い発疹の後に水膨れができます。
ウィルスが残っている間は、水膨れがどんどん広がっていきます。
そうならない為にも、抗ウィルス薬を使ってウィルスの増殖を抑制して病気の期間を短縮させて跡が残らないようにします。
早期から、抗ウィルス薬を使う事で症状の悪化を防ぎ、皮膚や神経のダメージを軽くしていきます。
最も抗ウィルス薬が有効なのは、帯状疱疹が発症してから72時間以内に服薬や点滴をすることです。
うまくいけば、1週間程で水膨れになりそのあとかさぶたになり早く治って跡になりません。
72時間を過ぎてからの治療庭なると、痛みはだいたい1ヶ月位継続します。
そのあとに発疹の跡が消えるまでに、さらに2〜3週間位かかってしまいます。
治療は、早目がお薦めです。

スポンサーリンク