MENU

帯状疱疹の発疹に伴う頭痛はいつまで続くのでしょうか

スポンサーリンク

帯状疱疹は子供のころ経験した水疱瘡のウイルスにより発症します。
水疱瘡は一度経験すると以後発症する事はないと言われていますが、水疱瘡のウイルスは体内の奥深く神経に沿うように潜伏しています。
ウイルスは過労やストレス、病気や怪我など免疫力の落ちた時に増殖し、皮膚の外側へ神経に沿うように発疹します。
帯状疱疹を発症し、赤い発疹が出る前に片頭痛を伴う事があります。
関係性のないような両者ですが、片頭痛の原因はウイルスにあります。
偏頭痛は通常では血管が何らかの要因により拡張し神経を刺激する事で起きますが、帯状疱疹の際ははウイルスにより血管が拡張されることになります。
帯状疱疹が重い状態で進行すると、背中や胸などのあらゆる神経が過敏に反応し酷い痛みを伴う事もあります。
この痛みがいつまで続くのか、多くの方が心的にも苦痛を感じなければなりません。
ではこの痛みはいつまで続くのか、またどの様な治療があるのでしょうか。

スポンサーリンク

帯状疱疹は初期症状の段階ではやめに治療を始めればい痛み自体は約1週間で引くと言います。
しかし治療に遅れて病状が進行した場合はこの限りではありません。
では頭痛の痛みはいつまで続くのでしょうか。
結論から言うと、はっきりいつまでと断言はできず病状や個人差も関係します。
また痛みにはロキソニンと言われる鎮痛薬が処方される事が多いのですが、この薬を飲んで効くかどうが肝心です。
この薬で効果がある場合もありますが、数日飲み続けても効果が出ないか方もいます。
鎮痛剤で効果が出ない場合これといった治療はなく、点滴に頼りながら鎮痛剤を飲み続けて経過を見ることになります。
病気は初期状態で診察を受ける事が一番です。
どんな病気であっても症状が悪化してからでは完治にも時間が掛かり、長期間の痛みと付き合う事になりまねません。
早目に受診する事で痛みも短くする事にできますので、異常を感じたらすぐに診察を受ける様にしましょう。

スポンサーリンク