MENU

帯状疱疹が再発するまでの期間とは

スポンサーリンク

帯状疱疹は、一度かかるとすぐには再発しない傾向が強いために、しばらくはかからないと言う認識を持っている方も少なくありません。
しかし、実際には帯状疱疹にかかった直後は、ウイルスに対して強い免疫が出来ているのでかかりませんが、2年ぐらいの期間を経ると再発してしまうこともあります。
これは、次第に免疫が低下してきたために起こると言われており、概ね100人から200人に一人程度は再び発症することがあります。
そのため、発症を繰り返してしまう人には、ワクチン接種も受ける必要性が出て来ます。
しかしながら、ワクチンも完全に再発を防ぐものではなく接種をしていても発症してしまう人も中に入るので、出来るだけ免疫力を落とさないように体調管理をしっかりと行うのが普段から出来る対策になります。
かかったことのある方で高齢者や持病がある方は、特に意識を高める必要があります。

スポンサーリンク

ですから、一度、帯状疱疹にかかっている経験があるからと言って、再発しないわけではないので、一定の期間が過ぎてから免疫抑制剤を使用したり、手術や入院が度重なったり、あるいは、極度の心身のストレスが加わったりした場合には、出来るだけ無理をしないように工夫をすることが大切です。
帯状疱疹は、心身の状態が弱っている条件が揃っていると発症してしまう可能性が出てきます。
しかし、一度かかると短期間ですぐに発症することが比較的少ないために、普段から意識をするというのもなかなかできづらいことです。
帯状疱疹を再び発症してしまうとさらにまた絶え間ない痛みにさらされることになります。
ひどい痛みを再び経験することになるので、出来れば避けられるための努力を行っておく方が賢明です。
一定の期間を過ぎると、また、発症してしまうことがある病気だという認識を持つようにしておくことが重要です。

スポンサーリンク