MENU

腹部、背中、首筋、足首に出る帯状疱疹の原因など

スポンサーリンク

帯状疱疹とは、水疱瘡と同じウイルスが原因で起こる病気です。
原因ウイルスは「水痘・帯状疱疹ウイルス」といいます。
水疱瘡は、小さい時になる方が多いと思います。
小さい時に水疱瘡をきちんと治療してその時には治っていても、この原因ウイルスが、神経の奥深くに何年も潜んでいて、ストレスや疲労などにより、身体の免疫力が落ちた時に表面に現れて痛みや痒みを伴う悪さをするのです。
初めは、腹部や腰回り、首や足首などの皮膚に痒みと痛みを感じ赤い発疹が出てきます。
そして、虫刺されかもしれない、なにかのかぶれかもしれないとその症状を放置しておくと、だんだんと、痛みが激しくなります。
衣類などに患部が擦れただけで、激痛が走るようになります。
症状が出る部位は、首筋や腹部、腰回り、足首など様々です。
いつものかぶれや、虫刺されとは何かが違うと感じたらすぐに皮膚科にかかりましょう。

スポンサーリンク

また、特徴として、体の半分にしか症状が出ず(もちろん0ではありません)赤い発疹がベルト状に繋がっているなどがあります。
初期症状の内に治療をする事が後々の為になります。
治療開始が遅れると「帯状疱疹後神経痛」と呼ばれる後遺症が残ってしまう場合もあります。
この症状は、発疹が消えても神経の痛みだけが、残ってしまい、日常生活に色々な支障がでてきます。
また、痛みも毎日続くものや、数時間ごとや時折痛む程度であるなど様々です。
万が一、「帯状疱疹後神経痛」になってしまっても痛み止めの服用や神経ブロック注射などの治療法もあります。
毎日の生活が痛みを気にしながらと言うのは、つらいものがあります。
自分に合った治療を見つけるためにも、担当の医師ともよく話し合いましょう。
しかし、一番大切なのは、まずは帯状疱疹にならないように、疲れを溜めず、休養をとり免疫力を下げないように、気をつけて生活しましょう。

スポンサーリンク